ついにカフェ 実現しちゃいました!

オーストラリアリゾートをコンセプトにしたOZ cafe'(オージーカフェ)と
フロム・ソフトウェア様のPS3/Xbox 360/PC用ソフト『DARK SOULS II』のコラボを実施。
ゲームにちなんださまざまなメニューをご用意し、ゲームファンからのご好評をいただきました。

ダークソウルカフェ

「メニュー名がひどすぎる」と評判(?)のダークソウルカフェレポートまとめ
NAVERまとめ

世界観を最優先にした演出

ダークソウルカフェダークソウルカフェダークソウルカフェ

「篝火」や騎士像をはじめとした、ゲームにちなんだオブジェを常設しているほか、イベント時には「火防女」や「ミルドレッド」といった、ゲームをプレイした人にとっては馴染み深いキャラクターの衣装に扮したコンパニオンも登場。

ダークソウルカフェダークソウルカフェダークソウルカフェ

メニューブックは、フロム・ソフトウェア様の意向を踏まえ、素材からディテールまで、『DARK SOULS II』らしさが出るように作製。
また、ランチョンマットやコースター、ポイントカードなどもご用意。ポイントカードはシールやハンコも特注のものを用意したほか、ランチョンマットは月替わりで3種類、コースターはデザイン違いを10種類ご用意しました。

ダークソウルカフェダークソウルカフェダークソウルカフェ

提供メニューの一例。画像左から「糞団子」「たまご背負いの膿胞 ソウル添え」「貧食ドラゴンの返吐」。色のインパクトやメニュー名などこだわりぬいた結果、飲食店のメニューとは思えない仕上がりになりましたが、「見た目と名前はひどいのに味はおいしい」と、ファンの方からもご好評(?)をいただきました。

ページトップへ